それぞれのタイプの家の魅力〜中古と新築のメリット比較〜

Real estate

新築でこだわる

人間にとってお風呂は大切

最近の新築一戸建てでは、昔はそこまでこだわることが無かったところに、こだわる人が増えてきました。トイレを広くする、キッチンに日当たりを求めると言うのは、今では常識となっています。 中でも、お風呂は多くの人がこだわるようになりました。お風呂に癒しを求め、快適なお風呂をつくることは新築一戸建ての基本とされています。ストレス社会と言われるようになり、お風呂の重要性が改めて考えられるようになったのです。今後も、この流れは続くと見られています。新築一戸建てを建てる人は、お風呂をいかに充実させるかに頭を使うことが多くなるでしょう。 メーカーも機能性だけでなく、快適性も追及して浴室をつくることが基本になると考えられます。

どこに浴室を配置するか

お風呂に快適性を求める場合、南側に浴室を配置するのも一つの方法です。庭を見ながら、陽射しを浴びながら入浴でき、浴室が早く乾くと言うメリットもあります。しかし、新築一戸建てでは南側にリビングを配置することが一般的です。スペースの都合で浴室が狭くなったり、リビングを狭くしなければいけないと言うことが出てくる可能性が高くなります。ですから、南側に浴室をつくる場合は、そう言ったことに注意しなければいけません。 しかし、無理に南側に浴室をつくる必要は無いです。北側の浴室にも様々なメリットはあります。と言うか、北側に浴室を配置することが一般的であり、多くの人はそれに違和感を感じることはほとんど無いと考えられます。