それぞれのタイプの家の魅力〜中古と新築のメリット比較〜

Real estate

注文住宅の契約

建築工事における契約の意味するところとは

注文住宅を建築する場合間取りや仕様が頻繁に変更になりどの図面が最終的な感性図面となるのかわからないというケースも少なくありません。更に建築会社の都合により契約時期を指定されてしまうというケースもあるのです。注文住宅を契約するまでの大まかな流れというのは、土地を決めその土地に合う住宅を設計します。建物の工事請負契約というのが住宅の契約になります。建築会社の中にはその前に仮契約ですなどといって数百万円の手付金、頭金の支払いを要求する会社もありますが、住宅の契約においてこういった仮契約というのはありません。工事請負契約が結ばれれば建築会社と注文住宅に関する取引が開始されるとい宇契約ですのでこの契約を結んだあとには仮契約といわれていても違約金や解約金を請求されることがほとんどです。解約をする場合には頭金が戻ってこないばかりか費用を請求されるケースもあるので注意が必要です。

契約書に関してサインをする前に確認すること

注文住宅と同様にこうした住宅の請負契約に用いられる書面も建築会社によって全く異なります。紙一枚だけの会社もあれば分厚いサッシのようになっている会社など会社によって書式も異なるのです。契約書は一枚だけでも契約時には必ず平面図や立面図、配置図などのこの図面に従って住宅を建築しますという書面があります。もしなければ建築会社に請求してください。そしてサインを求められるその場で初めてその書面を見るというケースも多いのですが、必ず図面を確認してください。以前の打ち合わせの図面など図面に不備があってもサインをしてしまうとその後のトラブルになりかねません。時間をかけてゆっくりと行う必要があります。そして契約書には費用とともに工期もきちんと記載されているかを確認します。万が一建築会社の瑕疵で工事が遅延した場合にこの日にちをもとに遅延金を産出する重要な数字です。吉日などあいまいな表現ではなくきちんと日付を入れてもらうようにしましょう。こうしたことに注意することで後々のトラブルを防ぐことができます。